米須三線店

米須三線店の日々の出来事を。。。
米須三線店 TOP  >  三線情報 >  三線のトゥーイの役割とは。。。

三線のトゥーイの役割とは。。。

三線のトゥーイをご存知ない方が増えているようですので、今日はトゥーイの説明をさせていただきます。

三線を製作する(棹をうつ)時に、「トゥーイをとる」という言葉を使うのですが。。。

これは、三線の野の部分(棹の表側の平たい部分)を弧を描くように削る事を意味しています。

野の部分が真っ直ぐで、トゥーイをとっていない状態ですと、ビビリ音が高確率で発生してしまいます。

逆にトゥーイが深すぎると、弦高になって弾きにくくなります。

ただ、完成した三線(塗りを終えた棹)のトゥーイをいじるのは、非常に高くついてしまいます。

※塗りを剥いで、トゥーイを触り、更に塗りを行う為。

そこで、対策を記載しておきます。

【トゥーイが浅くビビリ音が発生】

・ウマの高い物を選んで使用する。

・部当てを立てる。

【トゥーイが深く弦高】

・ウマを低く削って仕様して、弦を低くする。

・歌口の溝が高ければ、少し削って低くする。

・棹の部当てを寝させて、弦を低くする。

ご質問などは、米須三線店ホームページから、お気軽に。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL